化粧品の活用で肌年齢を変える|60代から取り組む若返りケア

ファンデ

深刻な肌状態にする紫外線

スキンケア

紫外線によるダメージ

紫外線は、予想以上に肌にダメージを与えます。年齢を重ねると、これまで受けてきた紫外線のダメージが一気に表面化し、様々な肌トラブルを招いてしまいます。アンチエイジング化粧品を選ぶ際には、何より紫外線によるダメージを解消してくれるかを重視することが重要です。紫外線によるダメージを解消するためには、肌の中の活性酸素とメラニン色素の抑制する必要があります。また、既に生成されてしまったメラニン色素を排出するものでもなければなりません。アンチエイジング化粧品を選ぶ際には、活性酸素とメラニン色素を抑制し、メラニン色素を排出する成分が配合されたものを選びましょう。これらの効果がある成分は、セラミドやヒアルロン酸、ビタミンC、ビタミンEです。

まずは肌に潤いを与えよう

アンチエイジング化粧品を選ぶ際には、セラミドが配合された化粧品をまず候補に入れるようにしましょう。人の体内でも生成されるセラミドは、角質細胞を水分でつなぎ合わせる役目を果たしています。肌のバリア機能を高める効果があり、美肌には欠かせない成分です。年齢とともに体内のセラミドは減少してしまうため、アンチエイジング化粧品で補うことが重要です。ヒアルロン酸は、肌の潤いを保つために必要不可欠な成分です。わずか1gのヒアルロン酸で、6Lの水分を保有することができます。ヒアルロン酸が不足してしまうと肌が乾燥するようになるため、化粧品で補うようにしましょう。また、ビタミンCは、活性酸素を抑制する高い効果があります。新陳代謝を促すビタミンEは、メラニン色素を排出する効果があることで知られています。ビタミンCやビタミンEが配合された化粧品を使用することで、既にできてしまったシミにも非常に効果があります。