化粧品の活用で肌年齢を変える|60代から取り組む若返りケア

女性

還暦過ぎても美肌キープ

女の人

60代になっても女性は美しく輝いていることが出来ます。それは、少しの努力と気持ち次第です。いつまでも自分の理想を思い描いてる女性は、いつまでも若々しく素晴らしいものです。化粧品でのお手入れを欠かさず、楽しく充実した日々を送りたいものです。

View Detail

加齢による乾燥肌の対策法

化粧

加齢による新陳代謝の衰え

60代のお肌の特徴は乾燥が進むという点です。加齢による乾燥肌の原因は皮脂の分泌が不足するからです。皮脂の分泌を促すためには、新陳代謝を活性化して保湿をしっかりすることです。それによって角質層の本来の働きを取り戻すことができるのです。乾燥肌には2種類があって、先天的な乾燥肌と加齢が原因で起こる後天的な乾燥肌です。先天的な場合には保湿ケアが最も大事です。セラミドなどの成分が含まれた化粧品を使うと乾燥肌を改善することができます。後天的な場合には、コラーゲンやヒアルロン酸などが配合された化粧品によって、新陳代謝を活発化させて肌に潤いを取り戻すことができます。コラーゲンやヒアルロン酸は体内で作り出されるのですが、60代を過ぎると生産量が減ってくるのです。

サプリや運動で成分を補給

60代になるとホルモンバランスが崩れてきて乾燥肌に悪影響を与えるケースが多いのです。ホルモンバランスが崩れると、新陳代謝が悪くなって肌の潤いが失われます。そのためにコラーゲンやヒアルロン酸の補給が大事なのですが、そのためにはサプリメントや保湿クリームが必要になります。また60代になると、日常生活でウォーキングやヨガをやったりするのも効果的です。これらを行うと血行が良くなり、手足の先までポカポカと暖かくなって新陳代謝が良くなるからです。サプリや保湿化粧品と共に運動をすることが乾燥肌を改善することができます。化粧品やサプリだけでなく、日常の食生活でもコラーゲンやヒアルロン酸を摂取できます。卵や小麦や昆布やあさりなどを食べると効果があります。

安定して補給したいなら

婦人

ビタミンc誘導体化粧品ならば、肌への刺激を減らしつつビタミンcを肌の奥まで届けることができます。肌にいいものですが、様々な化粧品が販売されていますので肌質などから比較していき、必要なビタミンc誘導体化粧品を見つけるとよいです。

View Detail

深刻な肌状態にする紫外線

スキンケア

アンチエイジング化粧品を選ぶ際には、紫外線による肌のダメージを重視することが重要です。紫外線のダメージを受けた肌には、活性酸素やメラニン色素を抑制し、排出する効果がある成分が有効です。セラミドやヒアルロン酸、ビタミンC、ビタミンEが配合された化粧品を使用し、紫外線で受けたダメージを修復しましょう。

View Detail